×

スマホの方は電話番号をタップで発信できます。

本店
0120-39-8823
受付時間
9:00 ~ 17:00

リフォーム専門店 千葉建設工業

おゆみ野店
0120-29-8823
受付時間
10:00 ~ 18:00
定休日
水曜日/第1・3木曜日
リフォームコラム

トイレの床材どう選ぶ?失敗しない4つのポイント

2023.08.18
  • リフォーム基礎知識
2023.08.18
  • リフォーム基礎知識

トイレリフォームをするとき、床材はどう選びますか?トイレは水や汚れに強く、掃除しやすく、見た目も良い床材が必要ですよね。

でも、床材の種類はたくさんあって、どれがいいのか迷ってしまいます。

そこで今回は、代表的なトイレの床材4種類の特徴とメリット・デメリットを徹底解説します。さらに、掃除のしやすさやお手入れ方法も紹介します。これを読めば、あなたのトイレにぴったりの床材が見つかるはずです!

 

トイレの床材を張り替えるタイミングは?

みなさんは、トイレの床材を張り替えるタイミングについて考えたことがありますか?
例えば、水漏れしていたりよほど落ちない汚れができていない限りは、なかなか床の張り替えまでは考えないですよね。

一般的には10年を超えていたら、張り替えを検討し始めてもよい時期となりますが、張り替えるタイミングの目安として、以下の3点が目安となります。

①剥がれや浮いている所がある

②落ちない汚れや傷がある

③色褪せてきている

もし当てはまる項目がある場合は、トイレの床材張り替えを検討してみてもいいかもしれません。

一見、目立つ劣化が見受けられなくても飛び散った水や尿により床材の一部が腐食していたり、気づかないところで水漏れをしている可能性もあります。

10年を超えるとトイレ本体も劣化や不具合が見られてくる頃なので、トイレ本体と合わせて床材、壁クロスの張り替えを一緒に行う方も多いです。

もし使用年数が10年を超えていて、剥がれや軋み、汚れなど気になっている場合は張り替えの検討をおすすめします。

 

床材を選ぶときのポイント

トイレの床材は、特に汚れやすく掃除をする機会も多い場所となります。

そのためお風呂やキッチンと同様、水や汚れに強く、お手入れが簡単な素材を選ぶ必要があります。

また、隙間に汚れが溜まりやすいものや、耐久度が強くないものはおすすめしません。

また、防臭・抗菌効果のある床材も最近は増えてきていますので、におい対策をしたいという方は選ぶ基準の1つとして考えてみてもいいでしょう。

床材の中には、掃除用洗剤を使用できないものもあり、洗剤を使うとかえって傷んでしまうものもありますので、床材を選ぶ際にお手入れ方法も合わせて確認するといいでしょう。

 

トイレの床材の種類は?

トイレの床材は、大きく分けて3つあります。

一般的によく使用される3種類の床材について、それぞれメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

 

クッションフロア

クッションフロアとは、ビニール製の柔らかい床材です。コスパが圧倒的で、一番人気の床材です。

クッションフロアのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 柔らかくて足触りが良い
  • 水や汚れに強い
  • 施工が簡単で費用が安い
  • デザインや色の種類が豊富

 

デメリット

  • 傷や熱に弱い
  • 紫外線による色褪せや劣化が起こりやすい
  • 耐久性が高くない

      水拭きや掃除機で簡単に汚れを落とせます。ただし、引っかきや熱に弱いので、爪や金属製のものでこすらないように注意しましょう。

      また、薄くて耐久性が低いので、長く使うと傷んだり剥がれたりする可能性があります。その場合は貼り替える必要があります。

       

      フロアタイル

      フロアタイルとは、タイル状にカットされたビニール製の床材です。クッションフロアよりも厚くて硬いです。

      メリット

      • 引っかき傷や熱に強い
      • 水や汚れに強い
      • 耐久性が高い
      • 一部分だけの張り替えができる

       

      デメリット

      • 足触りが硬くて冷たい
      • 施工が難しいため費用が高い
      • 継ぎ目に汚れが溜まりやすい

      フロアタイルは掃除がしやすく、水拭きや掃除機で簡単に汚れを落とせます。

      ただし、継ぎ目に汚れが溜まりやすいので、汚れを取り除く場合はブラシなどでこすって除去しましょう。

      また、足触りが硬くて冷たいので冬場は寒さを感じるかもしれません。

      その場合は、ラグやマットなどを敷くと良いでしょう。

       

      フローリング

      フローリングとは、木材や合板などの床材です。自然な風合いや温もりが魅力的です。

      メリット

      • 足触りが柔らかくて暖かい
      • 見た目が高級感がある
      • 空気を調整し、湿度を保つ

        フローリングのデメリットは、次のとおりです。

        デメリット

        • 水や汚れに弱い
        • 色褪せや劣化が起こりやすい
        • 傷や熱に弱い

          フローリングは部屋の印象と床材を統一したい場合や、木のぬくもりを残したいという方におすすめです。

          ただ、木製なので水に弱く、お手入れの仕方によっては腐食やカビといった原因になりことも。また引っかきや熱に弱いので、爪や金属製のものでこすらないように注意しましょう。

          トイレ用の無垢材もありますが、その分費用が高額になりやすいため、業者とよく相談して決めましょう。

           

          トイレの床材の張り替えは千葉建設工業へ!

          トイレの床材は、トイレ本体を交換する機会についでにやる方がほとんどです。

          トイレのリフォームをお考えの方はぜひ、お早目の検討をおすすめします。

          千葉建設工業ではトイレの床材の張り替えも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

          PageTop
          無料見積 来店予約 LINE