×

スマホの方は電話番号をタップで発信できます。

本店
0120-39-8823
受付時間
8:00 ~ 17:00

リフォーム専門店 千葉建設工業

おゆみ野店
0120-29-8823
受付時間
10:00 ~ 18:00
定休日
水曜日/第1・3木曜日
リフォームの基礎知識

千葉で外壁塗装リフォームをしたい!相場や気を付けるポイントは?

2022.05.06
  • リフォーム基礎知識
2022.05.06
  • リフォーム基礎知識

劣化が目立ちやすい家の外壁。

「そろそろ外壁を直したいけど、外壁を直すタイミングはいつ?どんな種類があるの?」

などと、お困りの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、外壁塗装のリフォームを行うタイミングとポイントについて解説します。

 

外壁塗装リフォームのメリット

そもそも、外壁塗装のリフォームをすることでどんなメリットがあるの?と、疑問に思う人もいると思います。

悪天候・汚れ・災害などから家を守っているため、環境によっては数年で劣化がはじまることも少なくありません。

劣化により生じた僅かな隙間から水などが入り込めば、カビや腐食の原因にもなってしまいます。

定期的に外壁のメンテナンスを行うことで、美観を保てるだけではなく外壁としての性能、家の寿命を長持ちさせ、資産価値を高めるというメリットにも繋がります。

 

外壁の補修はどのくらいでやるもの?

実際に使われている塗料や環境にもよりますが、おおよそ10年前後で外壁補修を行うことが多いです。

年数がたてばたつほど、外壁の汚れや小さなひび割れが目立ってきますが「このくらいならいいや」と放置していると、さらにダメージは深刻になり、補修も大がかりになってしまいます。

また、防水性能などといった外壁としての機能も7~10年経つと衰えてきます。

外観だけではなく、機能性の維持・外壁の保護といった観点からも、10年前後でのメンテナンスをおすすめしています。

 

リフォームのタイミングは?

それではここで、自分の家の外壁が劣化しているかチェックしてみましょう。

 

外壁チェック

  • 外壁を触ると手に白い粉がつく
  • 小さなひび割れがある
  • 塗装が一部剥がれてきている

1つでも当てはまる場合は、外壁を塗り直すタイミングが来ています。

外壁を触って手に白が白く汚れてしまうのは「チョーキング現象」という外壁劣化の初期症状。

天候や経年劣化により外壁の劣化がはじまっているサインになります。

 

塗装にはどんな種類がある?

 

ひとえに外壁塗装といっても、様々な塗装の種類があります。

今回は中でも特に多いサイディングとモルタルの違い、それぞれの特徴やメリットについて解説していきます。

外壁塗装リフォームの際に、ぜひ参考にしてください。

 

サイディングとは?

サイディングは、外壁塗装リフォームで使われる素材の1つで、壁にあわせてサイディングボードをカットし貼り合わせ、コーキングでつなぎ目を埋めていく手法です。

板状の外壁素材であるサイディングは工場で生産されるため、外壁塗装の中でも低コストでのリフォームが可能で、品質維持に期待ができます。

そんなサイディングにも種類があり、大きく分けて4つの種類があります。

 

窯業系サイディング

窯業系サイディングは安価でデザインや機能性に優れており、最もポピュラーなサイディング材です。

木目調やタイル調など好みに合わせた柄も選べるので、デザインにこだわりたい方におすすめのサイディングになります。

一方で窯業系サイディングは防水性にやや劣るため、別途防水機能の高い塗装などで補う必要があり、定期的なメンテナンスが必要になります。

 

金属系サイディング

断熱性・耐熱性に優れている金属系サイディングは建物への負担も少なく、作業時間とコストを抑えることができる素材です。

金属系の素材なので、地域によっては錆びやすいという難点もあります。

 

木質系サイディング

木質系サイディングは、その名の通り木を使用したサイディング材で、木のあたたかなぬくもりを感じられることから様々な世代に人気の素材です。

断熱性も高く高級感あるデザインですが、ほかのサイディングに比べコストが高く、劣化しやすいデメリットも。

頻繁なメンテナンスも必要となりコストもかかってしまうため、家全体ではなく、玄関のみなど一部分で使うことをおすすめします。

 

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは塩害や凍害に強く劣化しにくいのが特徴です。

しかし、機能的にも強い分素材コストが高くなってしまいます。

また樹脂系サイディングはアメリカを中心とした海外で主流のサイディングで、国内では取扱業者が少ないという難点も。

樹脂系サイディングを使用したい場合は、事前に取り扱い業者が近くにあるかどうかをしっかり調べる必要があります。

 

モルタル

モルタルは職人が手作業で外壁を塗っていく工事で、職人によって仕上がりに若干の違いが出たりと、サイディングに比べると時間と費用がかかります。

しかしモルタルは汚れや色あせに強く、サイディングに比べると耐用年数も長いのが大きなメリットです。

現在ではサイディングを用いた外壁塗装が主流となっているため、モルタルからサイディングに変えるリフォームをする方も少なくありません。

 

リフォームの結果を左右する!業者選びのポイント

満足いくリフォームにするためには、業者選びが最も重要といっても過言ではありません。

安いからと低価格の業者を選ぶと、仕上がりが雑、すぐに剝がれてきたといったトラブルも少なくありません。

もちろん予算に合うかどうかも大切ですが、失敗しない業者選びに欠かせないポイントをお伝えします。

 

施工実績が豊富

外壁塗装に限らず、リフォームを取り扱う多くの業者は自社のホームぺージにて実績を掲載しています。

事前に施工実績を確認することで、見積りの際にも「こんな風にしたい」と業者にスムーズに伝わりやすくなるので、気になる業者があれば施工実績を確認しましょう。

万が一施工実績が確認できない場合は、悪徳業者の可能性が高いです。

施工実績を見せてもらえない、契約を急かしてくるような業者は避けましょう。

 

自社で施工している

リフォームをはじめとする建築会社では、外注や下請けといった外部の職人に依頼するパターンも珍しくありません。

自社の職人を使っている業者は、営業や施工主とのやり取りもスムーズに行われ「要望が伝わっていない」といったトラブルも起きにくく、工事費も安いというメリットもあります。

また、融通がききやすいのも自社施工のメリットのひとつです。

 

外壁塗装リフォームはちばけん!

千葉建設工業には、外壁塗装診断士の資格を持つアドバイザーが在籍しています!

また、施工も自社職人が行うので要望も伝わりやすく安心です。

外壁に関するお悩みをヒアリングしながら、最適なプランをご提案させていただきます。

施工完了後のアフターフォローも充実!

困ったこと、気になることがあればお気軽にご相談ください。

PageTop
無料見積 来店予約 オンライン相談 LINE